MENU

何が脇汗を促すのか?3つの原因を知って対策を考える

脇汗を気にする女性

 

脇汗に困る気持ちはよくわかります。

 

しかし、汗って何のためにこんなにも自分の意志とは関係なくでてくるのでしょうか。役割がはっきりしないのに、困ってばかりいるのは腑に落ちません。

 

そこで、脇汗の対策を考える前に、「汗」がなぜ出てくるのかを知っておきましょう。

 

脇汗が止まらない!上手に脇汗を止める方法7選

 

脇汗の役割とは?

意味もなく脇汗が出てくるわけではありません。しっかりとした目的があって脇汗が出てきます。主には次の2つの理由があります。

 

1.体と頭の温度を下げるため
2.異性を引き付けるため

 

汗の原因としては大きく分けて上記の2つに分類することが出来ます。

 

一つは体温調節機能。

 

体温が上がり始めると、体は発汗を促し、その汗が蒸発する際の「気化熱」を利用して体温を下げようとします。これは体の正常な反応であり、発汗することで体温を一定に保つことが出来ます。

 

二つ目は異性を引き付けるための役割です。

 

汗には二種類あり、一つがエクリン腺という汗腺からでる汗でさらさらしており無臭無色です。

 

エクリン腺は全身に張り巡らされており、一つ目で述べた体温調節機能が大きな役割です。もう一つがアポクリン腺と呼ばれる脇下などにしか存在しない汗腺からでる汗です。

 

アポクリン汗腺から出る汗は脇下の皮脂と反応することで一般的にワキガと呼ばれる独特のにおいを発生させます。

 

この臭いがフェロモンのように異性を引き付ける役割を果たしています。

 

脇汗の原因

汗には確かな役割があるとして、なぜこんなにも脇から汗が大量にでてくるのでしょうか。

 

たくさんの原因が考えられる中、大きく分類すると下記のようになります。

 

  1. 体の水分のめぐりが悪くなっている
  2. 体温調節機能が正常に作用していない
  3. 心理的な要因

 

一つ目の原因として、体の水分のめぐりが悪くなっていることが挙げられます。

 

体の水分は常に入れ替わっています。排出は排泄物や汗が主となりますが、そのめぐりが悪くなると体に余分な水分がたまってしまい、正常な発汗が出来なくなります。

 

二つ目の原因として、体温調節機能が正常に作用していない可能性があります。

 

人間には自然に体温を調節する機能が備わっており、発汗もその役割を担っていると前述しました。

 

しかし、現代社会ではエアコンが常に効いた部屋に一日中こもっている人も少なくありません。体で体温調節をする必要がないため、本来備わっている機能が正常に機能しなくなることがあります。

 

そのような状態になると、ひとたび外のエアコンが効いていない環境に出たときに、体が外気温の上昇に過度に反応してしまい、異常な発汗に繋がるのです。

 

エアコンに頼りすぎず、適度な運動をして健康的な汗をかくことで、脇下だけ汗が大量に出てくることを抑えることが出来ます。

 

 三つ目の原因として、心理的・精神的な要因が挙げられます。

 

緊張や不安を感じると、体は副腎皮質ホルモンやアドレナリンを放出します。これにより心拍数の上昇などに繋がります。

 

心拍数が増加すると全身の発汗が促進されますが、最も反応が大きい部位が脇下です。これは、脇下が心臓に最も近く、影響を受けやすいためと言われています。

 

ストレスや不安、緊張への向き合い方を見つけると、心理的な要因での脇汗を軽減することが出来ます。

 

原因がわかってから対策を!

脇汗に悩んでいる方々、原因が分からないまま対策を考えても確実な効果を得ることは難しいものです。

 

脇汗にはそれぞれの原因があります。今一度自身の生活や性格、環境などを見直し、脇汗の原因となるものを探してみてはいかがでしょうか。

 

現代では、薬局に行けば汗対策商品はたくさん並んでいます。対症療法的な対策も必要な場面はもちろんあるでしょう。

 

しかし、原因を突き止めて、根本から改善していくことに挑戦するのも気持ちよく生きるために必要不可欠な選択なのではないでしょうか。

 

脇汗が止まらない!上手に脇汗を止める方法7選