MENU

脇汗対策に何使う?4分類から考える脇汗対策グッズの選び方

脇の下にスプレーを吹きかける女性

 

賑やかな薬局。そこには豊富な脇汗対策グッズが販売されています。

 

夏場、皆が汗を気にする季節になれば薬局の脇汗対策グッズコーナーには所狭しとあらゆる商品が並び、賑やかになります。

 

しかし、何を選べばいいのでしょうか。種類が豊富で自分に合ったものを選びたいけど、どのようにして選べばよい買い物が出来るのか、わかりにくいところです。

 

そこで、脇汗対策グッズの大きな分類と、そのメリット・デメリットをまとめ、購入するときの一つの参考になるようご紹介しましょう。大きく分類すると以下のように分けることが出来ます。

  1. スプレータイプ
  2. クリームタイプ
  3. 内服タイプ
  4. パッドタイプ

以下、それぞれの種類を詳しく見ていきましょう。その上で、あなたに合った脇汗対策グッズの選び方を見つけてください!

 

脇汗が止まらない!上手に脇汗を止める方法7選

 

1.手軽で簡単に脇汗対策。カバンの中にもスマートに収納「スプレータイプ」

もっとも簡単に、手軽に使うことが出来るアイテムはやはりスプレータイプ。

 

香り付きのものもあれば、無香料タイプもあり、暑苦しい夏にシューっと一吹きすることで素肌に爽快感が戻ってきます。

 

サイズも小さいものもたくさんラインナップされており、女性の小さなカバンの中にもスマートに収納することが出来ます。

 

お化粧直しの際に、お手洗いで一吹きする女性も多いのではないでしょうか。

 

しかし、スプレータイプにはなんとも出来ない欠点があることを忘れてはなりません。それは「乾燥」です。

 

スプレーを素肌に吹きかけると素肌表面に貼りついている水分(汗)を蒸発させます。これにより爽快感とサラサラ感を生み出しています。

 

しかし、同時に素肌を守っている皮脂までも飛ばしてしまうため、素肌が乾燥してしまう原因になります。

 

素肌が乾燥すると体は素肌を守ろうと皮脂や汗の分泌を促してしまう恐れもあります。スプレータイプは外出用にとどめ、その他のシーンでのケアはスプレータイプ以外を使用することをお勧めします。

 

2.素肌を守りながら脇汗対策。臭いも抑えることのできる「クリームタイプ」

クリームタイプは前述のスプレータイプのような乾燥をさせてしまう心配はありません。

 

また、素肌に密着するため、スプレータイプよりも持続性ある効果が期待できます。

 

優しく素肌を守りながら、脇汗の対策が出来るものとしてはクリームタイプがおすすめです。

 

しかし、ラインナップでいえばスプレータイプに敵わないところがあり、豊富な選択肢の中から選ぶには物足りないかもしれません。

 

また、使用時は指に乗せて脇に広げる作業が必要であるため、こっそりとスマートに塗り直しをすることが難しいタイプでもあります。

 

家にお気に入りをストックし、自宅での脇下ケアに使用する方法がおすすめです。

 

3.体の内側から体質改善。「内服タイプ」

体質から汗が出にくいように改善していくことが出来るアイテムが「内服タイプ」です。

 

薬局で購入できる商品もありますが、多くは医療機関で処方してもらうことにより入手することが出来ます。

 

漢方など、体に優しく効果が認められているものもあるため、本当に脇汗を根絶したいと考えている方は、このような選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

 

4.出てきた汗を衣類から直接ブロック「パッドタイプ」

脇汗対策グッズとして広く認知されているアイテムの一つが脇汗パッドなどの「パッドタイプ」直接衣類や脇に張り付けることにより、衣類を脇汗から守るアイテムです。

 

効果の有無がわかりやすく、使用している際の安心感は他のアイテムよりも頭一つ抜けているでしょう。

 

しかし、パッドを当てる位置や範囲を間違えると本来の効果が発揮することが出来ません。

 

朝の忙しいときにパッドをシャツに装着するのも大変です。今では、パッド付のインナー(Tシャツやブラジャーなど)が販売されています。

 

脇汗対策グッズとしては割高にはなりますが、その安心感は絶大です。

 

自分のライフスタイルに合ったグッズを選ぶのも脇汗とうまく付き合うコツ

豊富なラインナップの商品から自分に一番合ったものを探すところから脇汗への対策は始まっています。

 

それぞれの商品の特徴をよく考えて、時には使い分けて、うまく脇汗と付き合っていきましょう。

 

脇汗が止まらない!上手に脇汗を止める方法7選